eo光 10G インターネット (工事編)

検証用の接続

12月某日、10G インターネットの工事日。指定時間の1時間前に若干遅れるかもとの連絡があるも、ほぼ予定通りに到着。バンと高所作業車の2台で室内の作業者は2名、外に1〜2名。光ファイバーが引き込まれている2階に案内して作業開始。

まず申込者名とプランの告知があって、内容に間違いが無いかの確認。手慣れた手つきで作業を進めるも、敷設されている光ファイバー周りの設備がやや古いということで新しい回線終端装置に接続できるようにケーブル加工を施す。聞けばこの地域以外でも何件か施工しているが、10Gの件数としてはそれほど多くはないとのこと。

およそ30分程度で物理的な作業を済ませて回線チェックへ。センターと電話越しで疎通と回線品質を確認するも、規程の値よりも低かったのか何度かリトライ。およそ1時間半ほどで工事は完了し、マニュアルを受け取った後、撤収されました。

ここから先はこちらの担当。まずは無線でiPadやスマホからインターネットが出来ることを確認し、10Gの検証はルーター側のLAN(10Gポート)とMacBook Pro(Thunderbolt2 ⇋ Thunderbolt3 ⇋ Sonnet Echo Express SEL[Solo10G SFP+] )をカテゴリー6Aケーブルで直結。SPEEDTEST(OPEN Project via 20G SINET)のアプリによる結果は以下の通り。

SPEEDTEST

期待していたほどの数値ではないけれど、GB級のISOダウンロードも100Mのときと比べれば爆速なので特に気にならず。都心近くに住んでいる友人のau 5Gではもっといい値が出ているけど、そこまで求めるような作業はいまのところないので。(じゃ、なんで10Gにしたのか?のツッコミは無しでお願いします。)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です